介護福祉士 ケアマネージャー

作永 緑ドルフィン倉敷

子どもの頃から高齢者の方と接するのが好きでした。高齢者の方と関わりながら役に立つことができる職に就きたいと思い、この職業を選びました。

介護に対する考え方や実行力に感銘を受けた。

高校を卒業してから介護福祉士として働いて実務経験を5年積んだ時に、介護支援専門員の 資格を取得しました。それがきっかけで自分のさらなるステップアップのために、新しい環 境で頑張ってみたいと思うようになりました。その時ドルフィン・エイドを知り、「リハビ リテーション介護」や「自立支援」に向けたケアを行うという点に惹かれ、ここで働きたい と思いました。

少しずつ元気に。
そんな毎日が私にも元気をくれる。

ご入居者様から「ありがとう」という言葉や、ご家族の方から「ここに母親や父親を預けて良かった」という言葉をいただいた時にやりがいを感じます。また、入居された時には車いすでほぼ全介助のような状態だったご入居者様が、日々の生活の中で少しずつお元気になられ、歩行ができるようになって毎日元気に廊下を歩いている姿を見ていると、私自身とても嬉しいですし、やりがいを感じます。
今後は、ご入居者様それぞれに合わせた個別のケアや、私たちがどんなことを差し上げられるかいうことを見極めてケアを実践していけるようになりたいと思います。大変なこともありますが、その分やりがいも大いにある仕事です。今後、少しでも介護に興味のある方が増えるといいなと思います。

ENTRY

この度は、株式会社ドルフィン・エイドに興味を持っていただき、誠にありがとうございます。
皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。

ページトップへ戻る